木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと栗材の一人掛け椅子

駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと栗材の一人掛け椅子
 
駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 1
椅子16脚を作る栗の一枚板です。
椅子16脚を作る栗の一枚板です。
それぞれパーツによって板厚が違ってきます。沢山無駄も出来ますが最大限の木取りの位置を考えて行きます。
座板や背板の幅が有る一枚板はお手製のルーターで歪みを取って行きます。
〇の座板を作るパーツが歪み取り完了
背板用のパーツ~板厚は5cmは無いと湾曲に加工して行けません
今回制作する〇座板の椅子です。背板は湾曲になっているのでフィット感が良く座り心地も最高です。
脚部用のパーツ。こちらは此れから直角を出したり、歪みを取ったりして行きます
脚部のクロス上下と足部分で64本のパーツ。最終はノギスで測り全て同じ幅に仕上げて行きます。
椅子16脚を作る栗の一枚板です。
駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 1の説明
駒ケ根市O様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するテーブル3脚と一人掛け椅子16脚の制作を始めました。
当工房のすぐ近くにお蕎麦屋さんを開店されるとの事♪もう建物も出来上がりつつある様です。
店内で使われるテーブルと椅子のご注文を頂きました。
 
栗無垢一枚板で制作する一人掛け椅子 1 (〇座椅子 編)
 
駒ケ根市O様よりご注文頂きました栗無垢一枚板で制作する□座椅子の制作を始めました。
栗の一枚板より各パーツの木取りをはじめ、それぞれ大きさにカットしたら歪み取りを始めます。
 
歪みが取れるとノギスで測りながらドラムサンダーで磨いていきます。
全てのパーツの歪み取りと板厚が一定になると、ほぞ加工に入れるように墨出しをして行きます。
 
椅子は栗材を使い、カウンター用の背板付き丸座板デザインが8脚・□座板のテーブル用が8脚となります。
テーブルは3脚~全て欅の無垢一枚板で制作して行きます。

店内のカウンター用の椅子より制作を始めています。
栗材より木取りした、板は歪み取りに入っています。脚部はパーツが多いので大変な量です。
背板や座板に使われる栗一枚板は板厚50mm以上より制作して行きます。
 
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981