木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

安曇野市N様:欅無垢一枚板で制作する座卓脚部

安曇野市N様:欅無垢一枚板で制作する座卓脚部
 
安曇野市N様:欅無垢一枚板で制作する座卓脚部
両サイドの幅が違い変形した天板なので脚部の位置を決めるのが難しいです。
両サイドの幅が違い変形した天板なので脚部の位置を決めるのが難しいです。
脚部用のかくざいは歪みを取ってほぞ組加工の準備をします
4方胴付きのほぞ加工と楔が入る溝を加工
楔用の槐材を作ります
天板に貫通用の穴を彫ります~ノミで少しずつ大きくして調整
両サイドの幅が違い変形した天板なので脚部の位置を決めるのが難しいです。
安曇野市N様:欅無垢一枚板で制作する座卓脚部の説明
安曇野市N様より欅で制作した座卓天板に脚部の制作をオーダー頂きました。
少し前に当工房でお気に入りの欅無垢一枚板を見つけられ、天板を制作して頂きました。
最初の予定は天板の脚部は丸太で使う~これが中々移動も面倒でエライ!との事で相談に♪
 
お気に入りの欅天板は少し板厚が薄く(35mm)4本足のデザインに決定。補強の為に天板貫通にしました。
貫通した脚部は槐の楔を使う事にしました~魔除けの樹でも有名ですね。ワンポイントでデザイン良いですね(^_-)-☆
 
天板は全て磨きあげて、脚部は木取りをしたら~歪み取り~ほぞ加工へと入っています。
脚部の材も天板に負けない赤みの濃い美しい木を使いました。
 
※欅無垢一枚板で制作する座卓
W:1300  D:830-550  H:320 板厚:35 単位:mm
仕上げ:オイルフィニッシュ  割り楔:槐使用
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981