木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

富士見町H様:欅の座卓と栗材で制作する抽斗付きベンチ

富士見町H様:欅の座卓と栗材で制作する抽斗付きベンチ
 
富士見町H様:欅の座卓と栗材で制作する抽斗付きベンチ
座板は栗の一枚板を木取りして歪み取りが始まりました
座板は栗の一枚板を木取りして歪み取りが始まりました
表面の高い部分がmm単位で削れて行きます。
歪み取りが終了~板厚は40mmでフィニッシュ
目も詰んで大変美しい表情です。引いたばかりは白っぽいですが、年数経過すると徐々に黒褐色に変化して味わいの有る逸品になります。
脚部の位置を決定します。長い板状の栗材は抽斗の受け部分に使うパーツです
真ん中の仕切りと側板に使う材も歪み取りをしました
座板は栗の一枚板を木取りして歪み取りが始まりました
富士見町H様:欅の座卓と栗材で制作する抽斗付きベンチの説明
富士見町H様よりご注文頂きました、欅の座卓と栗材で制作する抽斗付きベンチの制作に入りました。
初めに栗の無垢一枚板よりベンチの制作をして行きます。座板の下に抽斗を3杯作ります。
ベンチの座板下の空間に引き出しの収納スペースが有ると意外と使いやすいのです。
 
座板に使う栗材や引き出しの制作に必要な仕切り等の木取り・歪み取りから入りました。
 
栗材は重硬で耐水性や耐久性に優れた広葉樹。軽くて扱い易いのも人気です。
完成後に年数が経つと徐々に濃くなり栗色から黒褐色へと変化して、更に落ち着いた一品になります。
 
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981