木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

松本市H様:ブラックチェリー材で制作するカウンター天板と収納棚板制作

松本市H様:ブラックチェリー材で制作するカウンター天板と収納棚板制作
 
松本市H様:ブラックチェリー材で制作するカウンター天板と収納棚板制作 2
栗の無垢一枚板の歪みを取っています
栗の無垢一枚板の歪みを取っています
少しずつゆっくり引き板厚を出来るだけ確保します
片面の平を出すと大きなプレーナーで引き厚さを均等にして行きます。
歪み取りが済むと天板表面や耳部分も含めて補修をしていきます。
端の割れ部分はチギリを入れて補強しています。両端共に壁に入り込む設置となります。
ブラックチェリーカウンター天板の耳部分を磨き上げ♪
2回目のエコウレタンの下塗り~裏面より仕上げに入って行きます
栗の無垢一枚板の歪みを取っています
松本市H様:ブラックチェリー材で制作するカウンター天板と収納棚板制作 2の説明
松本市H様よりご注文頂きました収納棚板は、栗の無垢一枚板で制作する棚板を歪み取りより始めています。
栗材も含め果樹がなる樹は中々大木にならず、直径50cm以上の一枚板は探すのも大変です。
栗の一枚板無垢の収納棚板です。板厚も45mm取れボリュームがあり高級感、重厚感、存在感ともに優れています。
 
栗の一枚板は60mmスタートで45mmフィニッシュ(指定の厚さ)しています。これから荒磨きをして、表面のヒビや
割れ等はチギリを入れながら補強して行きます。
 
※栗無垢一枚板で制作する収納棚 サイズ
全長:2000  全幅:≒450  板厚:45 単位mm  仕上げ:オイルフィニッシュ
 
ブラックチェリーカウンター天板は表面と耳部分の仕上げが終了♪水性エコウレタン艶消しタイプでの仕上げに入って行きます。今は下塗りの作業です。
キッチンで使う場合、水滴やこぼれ等有っても心配せずに使える事、長く美しい状態を保つためにも塗膜をはった仕上げが適しています。下塗りはどんどん目地に吸い込んでいきます。
今は1日~2日間ほど乾かし一旦磨き上げ目地に詰め込んでいきます~又塗り込み~2日間(気温や湿度で乾燥速度が変わります)
様子を見ながら表裏7回~8回繰り返して仕上げて行きます。
 
※ブラックチェリー材で制作するカウンター天板サイズ
全長:3420  全幅:≒500  板厚:48 単位mm  仕上げ:水性エコウレタン艶消し仕上げ 
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981